飲み屋での飲みながらでの話もなかなかおもしろい

中堅大学を卒業した人で地域情報誌に一度は勤めたけれども、他の会社に転職した人がいます。
彼に言わせれば、地域情報誌の売上は優秀な営業マンによって作られたものだといっていました。つまり、このような企業は社員の平均年収を低く抑え営業に頑張ってもらうことで利益をあげている体質なようなのです。
つまり、いい記事を書いて多くの人に手にとってもらうことで発行部数を増やして、たくさんの広告を載せてもらうとビジネスモデルではなく、安い値段で人を雇い、たくさん働いてもらうビジネスモデルだそうです。
そのため、優秀な営業マンほど転職が早いといっていました。
飲み屋での飲みながらでの話だったのでどこまでが本当でどこからが作り話なのかはよく分かりませんが、それでもこれから彼の言っていることの全てが嘘というわけではなさそうでした。
ただ、今ある無料雑誌というのはスマートフォンを持っている世代ではなく、いつまでもガラゲーを使い続ける世代にはいいのではないかとふと思いました。脱毛ラボ 支払い