2回目の発表会。成長がうかがえる日になった

生活発表会なので夫と保育園へ行き発表会の部屋に入った。息子は、1学年下のクラスと同じ時間帯なのでかなりの父母がいた。幕が開くとすぐ近くに息子が立っていた。緊張気味の息子。キョロキョロしながら親を探す息子。見つけるとホッとしたのか嬉しそうにしていた。まずは楽器をした。鈴をもち準備万端。そして、パンパカパーンという歌をピアノにあわせ楽器をならす。照れながらも上手にできた。次にサンタはいまごろという歌を歌った。親馬鹿なのか息子の歌声が聞こえた気がした。歌も終わり、幕が閉じた。次は1学年下の子の劇が始まった。劇が終わり息子のクラスの劇が始まった。恥ずかしそうにしている息子。出番がくるとセリフもいい完璧。大きくなったとつくづく感じた。そして、猿役の息子の耳がとれた。先生が気がつき慌てて耳を直したがまさかの反対向きについている。息子は、反対向きのまま舞台から去った。これもまた思い出になっていいかもしれない。迎えに行き息子の満面の笑みには顔が緩んでしまう。ベルタ酵素 薬局