消せるボールペンで書いたメモの上に熱々ご飯を乗せたら全部消えちゃった

最近は消せるボールペンを使う人が増えてきましたね。

私も友達に勧められて、消せるボールペンを使い始めてみたのですが、確かに今まで絶対失敗しないように気をつけてボールペンで書いていたところを、鉛筆感覚で直しながらかけるのでストレスが圧倒的に減りました。

漢字がわからなかったり不確定な情報のメモでも、とりあえず消せるボールペンで書いておいて、後で確定したら書き直せばいいのでその点でも効率化ができました。

消せるボールペンの原理は、後ろについている消しゴムでインクを落とすのではなく、ゴムの摩擦熱でインクを透明にするというものです。

この性質を利用して、テレビ番組で、消せるボールペンでびっしり書いたノートをレンジでチンしたら全部消えるという裏技が紹介されたこともありましたね。

危険だということで撤回騒ぎになったのを覚えています。

そんなわけで熱で消えるというのは分かっていましたが、私も先日同じ失敗をしてしまいました。

消せるボールペンでノートに色々とメモをして、その合間にレンジで温めたご飯の丼をノートの上に乗せてモグモグと間食してしまったのです。

ノートを鍋敷きにしたような感覚です。

それで、食べ終わった後にノートを見てみると、丼を乗せた部分だけ綺麗に丸くメモが消えてしまっていました。

筆圧で、書いてあった痕跡が残ってはいるのですが、消せるボールペンなので何度も書き直した部分は、古い文字と新しい文字が重なって全然見えませんでした。

このようにに熱で消えるという性質がある消せるボールペンなので、やっぱり大事な時に使うのは注意したほうがいいですね。めっちゃぜいたくフルーツ青汁 効果